マックスグループ 初めての方へ

マックスグループマックスグループ

テレクラ ツーショットダイヤルについて

サービス内容と概念について説明します。

テレクラ

テレクラやツーショットダイヤルのサービスは、別名「電話異性紹介営業」と呼ばれ、要約すると「電話で男女が話す場を提供するサービス」です。

テレクラのはじまりは1980年代。
「街で配布されたティッシュの裏や、駅のホームから見える看板、テレクラ店舗の看板に女性用フリーダイヤルが書いてあり、それを見て電話をかけてきた女性」と「店舗で一時間いくらの料金を払って電話を待っている男性」を繋ぐサービスとしてスタートします。

ダイヤルQ2

これを店舗なしで行えるようにしたのがツーショットダイヤルで、はじまりは1990年代、NTTのダイヤルQ2を利用してサービスを提供していました。
「フリーダイヤルで電話をかけた女性」と「1分100円の情報料を電話料金と一緒に支払う事に納得した男性」を繋ぐサービスで、男性は何万円でも上限無く利用できる仕組みです。

家でできるテレクラは密かに大流行しましたが、ダイヤルQ2のもうひとつの顔である「エッチな声が延々流れるエロボイスコンテンツ」の未成年利用により、家電話に数万円の請求が来る家庭が激増、社会問題化し、18禁ダイヤルのQ2利用が禁止になり、ダイヤルQ2という文化は終わったかに見えました。

ツーショットダイヤル

しかし、ダイヤルQ2の面白さと、利用した分だけ後で払えば良い手軽さへの需要は無くならなかった為、18禁ダイヤル業者は一般の電話回線を利用して同様のサービスを提供できる仕組みを作りました。
それが、現代のツーショットダイヤルです。

マックスグループ

マックスグループはダイヤルQ2時代から数えて20年以上の運営実績と、多くの顧客が納得するコンテンツを提供し続ける、業界最大手のテレクラ ツーショットダイヤル業者で、最も多くの男女に利用されている電話異性紹介サービスです。

ダイヤルQ2全盛期は上限なく利用できた後払いも、マックスグループでは上限が2,500円〜3,000円となっており、思わず使いすぎてしまう事も無くなっている上、初めて登録される方は、もれなく1,500円〜2,000円分の無料ポイントがもらえますので、安心してご利用になれます。

古臭いサービスと思われるかもしれませんが、一度ご利用になる事で、30年以上日本に根付く、テレクラ ツーショットダイヤルというサービスの魅力が理解できるかもしれません。

※ダイヤルQ2は2014年2月28日、完全にサービスを終了しました。

「MAX(マックス)」「ZERO(ゼロ)」「ミセスEYE(アイ)」「E−CLUB(エクスタシークラブ)」「名人倶楽部」の電話番号です。

マックスグループのテレクラ一覧

利用するにあたり、サービスをより楽しむ方法を、ジャンル別に説明します。

テレクラ ツーショットダイヤルの種類

テレクラ関連作品

※リンク先はアマゾンです。
テレクラ日誌1 シュベールコミックス 著者:成田 アキラ
テレクラ日誌2 シュベールコミックス 著者:成田 アキラ
テレクラ日誌3 シュベールコミックス 著者:成田 アキラ
テレクラ日誌4 シュベールコミックス 著者:成田 アキラ
テレクラ日誌5 シュベールコミックス 著者:成田 アキラ
テレクラ日誌6 シュベールコミックス 著者:成田 アキラ
テレクラ放浪記 幻冬舎アウトロー文庫 著者:末森 健

mgi